たくさん必要なベビー用品は通販で楽々ゲット

赤ちゃん

育児による腰痛予防に

母と子

授乳による腰痛を予防

赤ちゃんが生まれて育児に専念しているとよくなりがちなのが腰痛です。育児では、沐浴や授乳など中腰になることが多く、知らないうちに腰に負担をかけていることが多いのです。授乳による腰痛の予防に使うと良いのが授乳クッションです。授乳の際、座って行う方が多いですが、赤ちゃんを膝に乗せると授乳には中途半端な高さになってしまいます。腕で赤ちゃんを持ち上げて背筋を伸ばしていれば良いのですが、腕が疲れてしまい自然と猫背になってしまうことが多いようです。たまになら問題ないかもしれないですが、授乳は1日に何回もあるのでその度に腰を丸めてしまっていると腰痛に繋がってしまいます。そこで授乳クッションを使うと、腕の力もあまり使うことなく赤ちゃんを胸の位置で固定できるので、腰を丸める必要もなくなります。正しい姿勢で授乳できるので、体への負担も軽減できるのです。授乳クッションは使う期間が短いので買うのを躊躇してしまいますが、意外と長い期間使えます。新生児は体も小さく軽いですが、授乳中ずっと腕で支えるとなると疲れるので、授乳クッションが活躍します。また赤ちゃんが大きくなり腰が座ったころには、赤ちゃんを支えるクッションとして使うことも出来ます。授乳クッションはある程度の高さがあり、赤ちゃんを支えるものなので、柔らかいものよりも少し硬いくらいがちょうど良いようです。赤ちゃんの体重が増えるとクッションも自然と潰れてくるので、成長するにつれて使いやすくなります。意外と長く使えて腰痛予防になるのでおすすめです。